てくてく日和

Fiction&NonFiction 20代男一人暮らしの趣味ブログ

静かに自分を見つめる。

忙しいと。いや忙しくなくても。もしかすると人生の中で一度もしない人もいる。必要不可欠ではないから。でもやってみて悪くないんじゃないよ。

 

深くも浅くも、

短くも長くも、

簡単にも難しくもできる。

 

ある人は椅子の上で目を瞑って。

ある人は散歩しながら。

ある人は地面を見つめながら。

ある人は空を見るかも。

 

ただ最初、深呼吸してみると良いよ。

それだけで特別な時間になる。

f:id:TekuTekuLife:20210603144425j:image

 

 

 

人と関わっていると自分の価値観は結構左右される。実は自分の考えは他人から鵜呑みにした事で、本当の意味で自分の意思になっていない事がある。自分が今欲しい物は、本当に自分が必要としているのか、他人の必要が自分の必要と錯覚している事もある。

 

自分を見つめるとは、

自分がどんな人間か知る事。

 

すごく簡単な事を言うなら、何が好きで何が嫌いかを再確認。自分はこれをしている時、幸せを感じるんだな、とか。自分は周りに流されてやっていたけど、これをするのは苦手だし、嫌いなんだな、とか。

 

少し踏み込んで、自分の持つ世界観について考えてみたり。どんな基準で人を見て、どんな基準で物事を観察しているのか考えてみる。

 

そんな事を考えていると、自分が人より頭一つ秀でているように感じたり。でもそんな時間を作っているのはたぶん職場で1人だけ。たぶんその町で1人だけ。

 

少し人生が楽しくなる。

頭の中でごちゃごちゃになっていた糸の絡まりがほどけ、それぞれあるべき場所に収まっていく。日常生活が有意義になり、社会生活が楽しくなる。

 

自分を見つめた後は、自分の仕事を見つめ、自分の人間関係を見つめるといい。

 

そして我に帰ると、何気ない日常に、こんな時間を作る事ができるのかと驚く。

1日の中で、1週間の中で、最も意味のある時間を過ごした事に気がつく。

 

明日からも変わらない毎日が続くけど、外からは見えなくても、中身の変わった自分がそこにいる事は、自分だけが知る秘密事。

 

深呼吸して自分を見つめるって、正直 小っ恥ずかしくも感じる。だけどやってみて。

 

さっきも言ったけど、我に帰ると、こんなにも意義のある時間が、日常の中に作れるんだなと感じるはず。

 

ぼくはこの時間が好き。

 

なんとなく自分を大切にしてる感があるんだよね。いや、大切にしてるのか。大切な人を思うように、自分を思うのだから、大切にしてる事になる。意外と冷静で、意外と見る目があって、意外と感の鋭い自分と出会えるよ。

 

では今日はここら辺で。