てくてく日和

Fiction&NonFiction 20代男一人暮らしの趣味ブログ

エチオピアの浅煎り。あの日の思い出。

豆はエチオピアの浅煎り。

ぼくの大好きな豆。

 

と言うのも5年前、ぼくが初めてまともなコーヒーを淹れられるようになった時、使っていた豆。思い出の味というやつである。

 

いわゆる普通のコーヒーのような苦味と香ばしさがあるのとは違い、フルーツのような酸味と甘味がある。

恐らく初めて飲む人は酸っぱいと感じるかもしれないが、これもれっきとした一つのコーヒー。

これは嗜好品であるから、正解はない。

同時にどれだけ味が違っても同じコーヒー。

f:id:TekuTekuLife:20210216154054j:image

「この味。

当時 バリスタの動画に魅了され、思いつきで一気に道具を揃え、コーヒーを淹れる事に挑戦したあの日のことを思い出す。

 

正しい淹れ方があるのを分かっていながら、全く無視して淹れた結果、全然美味しくなくて勝手にショックを受けていた。

試飲は父親、なかなか美味しいと言ってくれなかったが、数日後 やっと美味しい と言ってくれた。

 

当時、3種類の豆を練習に使った。最初に使い始めた 2種類をダメにし、最後の1種類、エチオピアの豆を使った時にやっとまともな コーヒーが淹れられた。

 

良い思い出。

この趣味は飽きが来ない。

また明日もコーヒーを淹れるだろう。」

 

最後まで

読んでいただきありがとうございました。

 

毎日更新してますので、

また立ち寄ってください(^^)