てくてく日和

Fiction&NonFiction 20代男一人暮らしの趣味ブログ

惑い

そこに決まり事があるなんて知らなかった 教えてくれなかった でも気づいてたんでしょ 隠れたところで 笑っていたなんて知らなかった ぼくはいつでも必死 作り笑いもできない闇の奥底でもがく その中で唯一 目に見える君にすがってた 強者にも弱者にも 涙が…

操り人形

いくつもの仮面 気づけば何枚にも増えていた 意識しなくても 勝手に変わる 私はあなたの操り人形 あなたと一緒に歌うのが好き 熱くも冷たくもないリズム 人生なんて短いもの 全て渡しても 惜しまない だけど 勝手に埋めないで 光のあるとこに立っていたい 操…

享楽

花咲く空に舞う 蝶のように 日の光を浴び あてもなく 煙の中を舞う 火の粉のように 熱を帯びても あてもなく 指差すぼくの手に静かに止まる 人の歩みは跡を残し 轍となり 道となる 当てのない人達が 指差す方に踊り行く 繰り返してはまた戻り 気づけば風を追…

晴れた日の今日と昨日

いつもの朝 起きる時間も違えば 太陽の場所も違う 微かな後悔と共に1日が始まる 昨日のことなんて覚えてない 寝ぼけた頭で目先の事に集中する このまま昨日のことなんて忘れればいい これだから人間は嫌なんだ 氷を入れた一杯の水 カーテンを開けると 無機質…

他人の不幸は。。。

日本人は、弱い立場の人間が苦労して這い上がる話が好きらしい。 日本人に限らずどの国の人でも好きなのではと思うが そうらしい その証拠に、そう言った内容の映画やドラマは有名となり人気があるのは確か。 例を挙げればきりがないだろう。 日本人がそう言…

悩みが減った。

悩みがないという事は 人間関係がうまく行っている証拠。 だと思う。 もしくは 人間関係が難しくても、 気にせず 堂々と生きている証拠。 もっと色々あると思いますが。 実はぼく。 はてなブログを3ヶ月離れてました。 離れていたと言っても、 1記事書いては…

ぼくのコーヒーライフ。

このブログでも 何度か書きましたが ぼくはコーヒーが大好き。 初めてコーヒーを淹れたのは20歳の頃。 その日から ぼくのコーヒーライフは始まりました。 遡って話していてはキリがないので、 ここ最近の話から。 ぼくの休日は起きてすぐ 何時頃にコーヒーを…